製品情報
ScanIP
+FE Module
+CAD Module
+NURBS Module

+FE Module

+FE Moduleにより、ScanIPで作成したモデルから簡単に高精度のソリッドメッシュを作成することができます。CADデータやSTLデータに変換する必要なく、3次元画像から直接FEデータやCFDデータを出力し解析に応用が可能です。


主な特徴

  • 他のアプローチでかかるメッシュ作成時間を節約
  • 複数部品からメッシュ生成
  • ヘキサ・テトラ混在、テトラのみ、アダプティブメッシュから選択可能
  • 着目する箇所を簡単にメッシュサイズ変更が可能
  • 複数パーツのうち任意のパーツだけメッシュサイズを変更可能
  • 部品間の接触面定義、節点セットの定義
  • 材料特性(質量密度、ヤング率、ポアソン比など)の設定

メッシングタイプ

メッシングアルゴリズムはGrid方式とFree方式が用意されており、「ヘキサとテトラ混在」「テトラのみ」「ボクセル」「アダプティブのテトラ」から選択できます。
Grid方式はロバストなメッシングで短時間に高精度なメッシュを生成します。
Free方式は形状表現を考慮しメッシュの粗密をつけることができ、要素数の増加を抑えたい場合に有効です。


Grid方式 Free方式
ヘキサ・テトラ混在 テトラ ボクセル テトラ(アダプティブ)
ヘキサ・テトラ混在 テトラ ボクセル テトラ(アダプティブ)

部分的なメッシュサイズ変更機能

1つのパーツ内で着目する箇所だけメッシュサイズを簡単に変更することが可能です。 また、節点共有する複数のパーツモデルのうち、任意のパーツだけのメッシュサイズの変更も可能です。


<着目箇所を3Dモデル上で任意に選択しメッシュサイズを変更>

<骨のパーツをアダプティブ、インプラントをメッシュサイズ指定>

接触面定義、節点セットの定義

複雑なモデルでも解析の条件設定に用いる接触面のセグメントセットや節点セットを事前に設定可能です。


<接触面セットの可視化> <節点セットの可視化>
<接触面セットの可視化> <節点セットの可視化>

ソリッドモデルとシェルモデルの出力

チェックボックスにフラグを入れるだけでソリッドモデルとシェルモデルを同時に出力できます。


<ソリッドモデルの断面図> <シェルモデルの断面図>
<ソリッドモデルの断面図> <シェルモデルの断面図>

グレースケールマテリアル

質量密度、ヤング率、ポアソン比を事前に設定しておくことができます。また、3次元画像データのグレースケールによる物性定義が可能です。


<質量密度のコンター図> <LS-DYMAフォーマットで出力したFEデータ>
<質量密度のコンター図> <LS-DYMAフォーマットで出力したFEデータ>

様々な解析への応用

世界中で使用される主な解析計算フォーマットに対応しているため、様々な解析に活用が可能です。


JMAG ABAQUS LS-DYNA
JMAG ABAQUS LS-DYNA
COMSOL Ansys
COMSOL Ansys





株式会社JSOLはSimplewareの正規代理店です。
※ Simpleware の開発元は、Simpleware Ltd (英国) です。
※ 記載されている製品およびサービスの名称は、それぞれの所有者の商標または登録商標です。

ページトップへ戻る

お問い合わせ先:
株式会社JSOL エンジニアリングビジネス事業部 E-mail:simpleware-info@sci.jsol.co.jp


NTT DATAグループ日本総研